水素水が飲めるサーバー

購入するかレンタルするか

女性

水素水を家庭でつくる方法には、2通りあります。それは、水道水などから水素水をつくれる機器を購入する方法と多くの家庭で使われているウォーターサーバーにオプションで水素水発生装置をつける方法です。前者の機器の購入では、様々な機器が製造されていますので、選択肢が広くというメリットがあります。しかし、安価な製品では、あまり良質な水素水が作れません。もし、良い水素水を作ろうとしますと、高濃度水素水サーバーなどを購入するのですが、10万円から数十万円の出費は覚悟しなければなりません。後者のウォーターサーバーにオプションでつける場合には、レンタルできところもあります。こちらですと、良質な水素水をつくれて、なおかつレンタル代がウォーターサーバー代込で、月に1000円から2000円程とそれほど高くありません。

費用の差

購入するかレンタルするかは、初期費用が高額になるかそうでないかの違いがあります。10年くらい使い続けた場合に、どの位の費用の差が出るのか、おおまかな計算をしてみましょう。高濃度水素水サーバーのような20万円程度の製品を購入して、これを10年使うとします。ランニングコストは、水道代あるいはミネラルウォーター代などと、カートリッジなどの消耗品代で、水の費用を無視しますと、10年間で20万円から30万円かかります。1年あたりでは、2万円から3万円の間でしょう。ウォーターサーバーのオプションとして高濃度水素水サーバーに匹敵するものをつけた場合には、サーバーのレンタル代が1ヶ月に1500円程度として年に18000円程かかります。それに水のボトル購入代金がプラスされますから、みた目では、高濃度水素水サーバーを購入するよりは高くなります。しかし、ウォーターサーバーの目的は、水質の良い水を飲みたいという事ですし、途中解約もできますから、水素水の生成という部分だけでみればレンタルの方が少し得ではないかと判断できます。